本格的なイタリアンをリーズナブルな価格で味わう!

酒のつまみのお通し

イタリアン

注文前には小鉢の料理

新宿エリアには数多くの居酒屋がありますが、料理をいざ注文する前に、小鉢にささやかなお惣菜が出されます。居酒屋では料理をお客さんが注文する前には、すでに小鉢の料理を卓に出しますが、これはつなぎの酒のつまみです。厨房の料理人に、新しいお客さんを通したことを、お通しを出すことで了解するという意味も含まれています。新宿の居酒屋へ入ると、お通しは自動的に出てきますが、利用する店により数百円ほどの料金が、会計時には加算される仕組みです。ただ自分たちが注文をしたわけではないため、好みに合わなければ、断りたい気持ちが出てきても仕方のないことです。万が一好みではなく、お通しを断ったとしても、最終的な料金には加算されることがあります。苦手な食べ物が出てきたときには、店員にほかの食べものに交換できるかを、質問してみることです。新宿の居酒屋を利用する際、お通しはすでにセットになっています。昔からの新宿の居酒屋の文化でもあるため、セットであることを理解して、注文も賢くすることです。自分たちで好みを伝えて作るものではないですが、その居酒屋の実力ともいえるのが、実はお通しでもあります。小皿や小鉢の中に彩られる小さなメニューは、厨房の料理人の思いも詰まっているので、期待できる料理が多いです。ほうれん草のおひたしや枝豆、煮物など、お店側としてお客さんに喜んでもらえる、美味しい食前の酒の肴になる一品を、アイデアを凝らして用意します。

Copyright© 2017 本格的なイタリアンをリーズナブルな価格で味わう! All Rights Reserved.